未分類

動画等を起点とした集客と誘引

これまでは商品やサービスを訴求するために活用されていたのは静止画や文字が中心でした。しかしながら最近はむしろ、文字や静止画よりも動画を活用することが増えています。
実際にホームページやブログを開いてみるとYouTubeが埋め込まれているサイトが非常に多く、アクセスを見てみるとホームページそのもののアクセスに近いところのアクセスログが記録されることもあるほどです。
これを鑑みた場合に、うまく動画を活用することが商品やサービスの訴求につながると考えられます。
さらに訴求だけではなく販売にも結びつくことが多く、広告宣伝費をどのようにこのような政策に振り向けるかが大きなポイントになってきています。
クリエイターも最近ではキャッチコピーなどを考えるのではなくどのようにこのような短時間の動画のシナリオ考えるかに注力をするようになりつつあります。大企業ではなく個人事業であってもこのような動画うまく活用すれば非常に多くの方々に共感を得ることができ、インターネットでのビジネスもスムーズに進むことが想定されます。
実際にこのような動画を制作するにあたっては大規模な設備が必要にならず、スマートフォンとマイク、簡単な照明設備などで撮影することも可能になっています。スタジオなどを借り切って大規模に撮影するような事はほとんどありません。それだけに事業の大小にかかわらず、取り組むことができる販売促進、販売手法として非常に重宝されているのです。
また、実際にその動画が単なる商品やサービスのPRだけにとどまらずブランド能力を高めることにもつながればなお良しと言うことになります。
特にこのような動画については有名なタレントを起用しなくても企画さえ面白ければ多くの方々に見てもらうことが可能です。
それだけに重要なのは企画そのものであり宣伝広報部門や営業部門、商品企画部門などがどのようなターゲットで動画を制作していくのかをうまくプランニングすることが重要になってきます。さらにその動画をどのようにPRしていくのかによってアクセスも大きく変わってきます。
このようにYouTubeの動画等を起点としたマーケティングを行う事は今後も必要であり、ユーザを商品やサービスのファンにするための大きな要素と言えるでしょう。
費用対効果が非常に図りやすいところも大きなメリットだと言えるかもしれません。
企業にとって、個人事業主にとっても外せないマーケティング戦略です。

おすすめ